ホームForza MotorsportForza Horizon 5公式がフォトモードのやり方を紹介!
SIMVOXに匿名フォーラム機能を追加しました!✨ 毎月4000人以上が訪れるSIMVOXで情報交換しましょう!

Forza Horizon 5公式がフォトモードのやり方を紹介!

-広告-

Forza Horizon 5公式がフォトモードのやり方を紹介!

以下からフォトモードのチュートリアルを見ることができます!

https://forza.net/news/forza-photo-guide

こちらでは↑のチュートリアルを簡単にまとめたものをご紹介します。

全容が気になる方はぜひ↑のリンクからガイドを見てみることをおすすめします!

フォトモード

Forza Horizon 5で魅力的な画像を撮るためのヒントやコツを紹介します。ロケーション、露出、日光、車の色、エフェクトなど、素晴らしい写真を撮るための重要な要素となります。

ロケーション


特に、カラフルな照明で表示される夜や、朝の時間帯に濃い霧でほとんど消える銅のキャニオンなど、「映える」素晴らしい場所が写真撮影の場所として推奨されます。

昼間


ほとんどの撮影シーンでは露出の心配をする必要がないため、朝または夕方の時間をおすすめします。 真昼の太陽の中で雲一つない空の写真を撮りたい場合は、画像が露出オーバーになるため、砂漠などの明るく開けた環境は避けたほうががいいでしょう。

シーンに荒天である場合は、環境の照明と露出を理想的なものにするために、正午の時間も役立ちます。

夜間


夜の写真撮影では露出が最も重要な要素となります。 画像に十分な光がないと、暗い環境では車が写りにくくなるため、光源のある場所を探します。 ホライズンストリートシーンフェスティバル アウトポストは、光がたくさんあり、暗い状況でも明るい写真を撮ることができるため、この練習をするのに適した場所です。


特にジャングルでは、影が車から発生しにくいです。 車にカラーリングが施されている場合は、影が多く映る場所は避ける必要があります。 したがって、車に影が重ならない場所を探す必要があります。

車の色


夜間には、車に明るい色を使用するのがおすすめです。 たとえばシルバーは、ホライズンストリート シーンフェスティバルアウトポストのネオンカラーを車のペイントに反射します。 ただし、正午には露出オーバーを防ぐため暗い色がおすすめです。 環境によっては、日中でも明るい色で問題ありませんが、砂漠のような太陽照り付けて明るい環境では、暗い色の車の方が太陽光線を補い、明暗が良いバランスで車の色が明るく見えます。

色をどのくらい暗くすべきかわからない場合は、車メーカーの公式カラーを吟味してみてください。 たとえば、ドイツのメーカーのポートフォリオには、配色のインスピレーションとして使用できる色が多数あります。

写真エフェクト

フォト モードの設定を調整することで、それぞれの写真に独自のスタイルとセンスを開発し、シーンの外観を変えることができます。 本格的なレーシングルックを目指すか、フォトグラフィーっぽさを目指すかは自由です。

頻繁に変更することをおすすめする設定項目は、ズーム、シャッタースピード、絞り、露出です。

これらは、場所、時間帯、露出に基づいてシーンに合わせて調整する必要がありますが、画像ごとに大幅に変更する必要はありません。 お気に入りのスタイルを見つけたら、それをすべての写真に適用して微調整するだけで良い写真を生み出せます。

他にも、ボケ設定を使用すると、被写界深度が深い夜間や特に都市部で写真に独特なタッチを加えることができます。

ズーム

ズームを調整して、車全体をとらえます。 よりリアルな見た目にするには、1.7 倍のズームを使用してみてください。

魚眼効果もおすすめです。x0.5 から x1 までのズームレベルで利用できます。低いズーム設定では車が「引き伸ばされて」非現実的に見える場合がありますが、高速シャッター スピードと組み合わせると、車の速度を強調した写真が撮れます。

絞り

絞りは写真の被写界深度を決定します。 高く設定すると、ボケ感が強くなります。

リアルな写真や自然な写真を撮りたい場合は、F7 ~ 13 の設定を使用してみてください。7 未満では、前景だけでなく背景にも焦点が合います。 つまり、前景と背景の間にボケ感はうまれません。 ただし、13 を超えると、環境が非常にぼやけ、前景の被写体が小型化された「おもちゃのような」外観になります。 これは、被写界深度が深すぎて前景と背景が分離され、2 つの異なる画像のように見える場合に発生します。

シャッタースピード

アクションっぽいショットを撮影したい場合はシャッタースピードの調整が必要です。 シャッタースピードが速いほど、焦点の外にあるものはすべてぼやけてしまいます。 シャッタースピードには撮りたい写真のイメージに依存するため、特別なガイドラインはありません。

リアルなローリング ショットを作成したい場合は20 程度に設定しても問題ないです。 また、写真のレンダリングが完了するまで待つことをおすすめします。

露出


タイヤとリアフェンダーを区別できくらいであれば写真は適切な明るさであるという指標になります。 暗すぎる場合は露出を調整してください。

推奨設定

以下はForza Horizon 5 でリアルな写真を撮影するためのTurn 10が推奨するフォト モード設定です。これらは自分の好みに合わせてさらに調整し、シーンの時間帯や天候に適応する必要があります。

  • シャッタースピード: 15
  • ズーム: 1.7x
  • フォーカス: 0
  • 露出: 50
  • F値: 9
  • ボケ感: Diamond
  • サンプリング: Quality
  • コントラスト: 50
  • サチュレーション: 50
  • 明るさ: 50
  • セピア: 0
  • ビネット: 0
  • 温度: 50

FH5はグラフィックがめちゃ綺麗なので、フォトモードが楽しそうですよね!

グランツーリスモみたいに、今後はフォトコンテストなんかも盛り上がるかもしれないですね。

- 広告 -

最新記事