ホームrFactor明日、rFactor2がオンライン機能を重点的に改善したアップデートを実施
SIMVOXに匿名フォーラム機能を追加しました!✨ 毎月4000人以上が訪れるSIMVOXで情報交換しましょう!

明日、rFactor2がオンライン機能を重点的に改善したアップデートを実施

-広告-

rFactor2が明日アップデート!

rFactro2にゲームの全体的な機能強化と改善を施したアップデートが実施されます。

以下にアップデート内容の詳細をStudio397のHPから引用します。

アップデートの内容

一般的なユーザーインターフェースの改善

  • UI内の時間表示について調整を行い、すべての結果がUTCで表示され、現地時間で表示されるようになりました。なお、ブラジルのドライバーのタイムゾーンの問題は現在も発生しており、現在修正中です。
  • イベントページの更新
  • 練習用サーバーのドロップダウンリストが追加され、手動でサーバーを選択することも、システムが選択することもできるようになりました。
  • 利用可能な練習サーバーがない場合、”Join Practice “ボタンは無効になります。さらに、登録せずに開始されたイベントを閲覧している場合、シームレスにリストページにリダイレクトされ、常に次のレースのループに入ることができます。

スケジューリング・システムの強化

  • スケジュールページにトラックレイアウトを追加しました。また、様々なタイムゾーンに対応できるよう、タイムスロット表示が改良されました。

イベント結果の見直し

  • レース履歴を確認する際の上下矢印のバグを解消し、進捗と変更がより明確になりました。
  • 各ドライバーの完走予想順位が名前と一緒に表示されるようになり、各レースの力関係がより明確になりました。例えば、名前の横に#4と表示されている選手は、システムによって4位になると予想されています。
  • より広い視野でレースを見るために、リザルトページの上部に “Split 1 of X “と表示され、アクティブなスプリットの数が表示されるようになった。
  • 他の選手に対してレポートを提出すると、あなたの懸念が記録されたことを確認するメッセージが表示されるようになりました。
  • 各レース終了後、SRとDRのプログレス・バーに増減率が表示され、パフォーマンスの向上や改善点がすぐにフィードバックされます。

オンラインメニューの改良

  • 次のスペシャルイベントは、あなたが参加できるイベントのみを表示するようフィルタリングされ、よりパーソナライズされた適切な選択ができるようになりました。もし、次のイベントの参加資格がない場合は、システムが積極的にお知らせしますので、重要なレースに集中することができます。

ホストサーバーの更新

  • ホスト・セッションにパスワード機能を実装し、レース環境をコントロールできるようになりました。練習ラウンドからウォームアップまで、セッションの種類を有効または無効にできるようになり、柔軟性がさらに高まりました。また、設定エラーやサーバーのセットアップに関する通知も統合され、サーバーの開始には最大6分かかる可能性があるという優しい注意喚起も含まれています。さらに、新しいセーフガードにより、サーバーをリクエストする際のダブルクリックによる誤操作を防ぐことができます。

オンライン以外の改善

オンライン以外の領域では、トラック制限と不正パスの処理方法を改善しました。ペナルティーが採点される前に0.5秒の猶予時間が設けられ、ギリギリの判断ができるようになりました。また、スターティンググリッドとピットエントリーラインが交差している場合に発生するトラックリミットの問題にも対処した。最後に、サーバーへの接続プロトコルがアップグレードされ、リトライの試行や詳細なロギングが行われるようになりました。

rFactor2の新しいオンライン機能についてはこちらで説明しています!↓↓

rFactor2が新しいオンラインシステムを導入!グランツーリスモっぽい感じに!?

- 広告 -

最新記事